トップ記事5月31日は「世界禁煙デー」

5月31日は「世界禁煙デー」

5月31日は「世界禁煙デー」、5月31日~6月6日は「禁煙週間」です。

禁煙週間テーマ

「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~

今年度は、受動喫煙による健康への悪影響から人々を守ることを目的としています。

日本人が命を落とす最大の原因がたばこです。

たばこは、脳卒中や心臓病をはじめ、多くの病気と関係しており、年間約13万人がたばこが原因で亡くなっていると報告されています。

喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり、生活習慣病を予防する上で、たばこ対策は重要な課題です。

この機会に、禁煙や受動喫煙防止など、たばこ対策を心がけましょう。

世界禁煙デーについて(厚生労働省ホームページ)

受動喫煙とは

たばこの先から立ち上る煙や、喫煙者が吐く煙を吸わされることを「受動喫煙」と言います。

受動喫煙でも肺がんや心臓病等で死亡する危険は高くなります。

乳幼児突然死症候群、流産や早産など、子どもや妊婦さんへの影響も大きいです。

特に子どもは、たばこの煙の害を敏感に受けやすく、脳の働きや成長にも悪影響を及ぼします。

周りの人に配慮した喫煙(分煙)や禁煙をしましょう。

禁煙の方法

・禁煙外来を利用する。保険適用になる場合もあります。

・薬局で購入できるニコチンパッチやガムを利用する。

・吸いたい気持ちの逃し方を考えておく。例えば、冷たい水を飲む、歯磨きをする、深呼吸をするなど。

保健センターでは禁煙相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

禁煙相談

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報