トップ記事【後期高齢者医療制度】低栄養に関する指導

【後期高齢者医療制度】低栄養に関する指導

栄養指導を受けて、食生活の不安を解消しましょう!

土岐市では、昨年度の健診結果において、やせ型で、なおかつ体重減少がみられた方を対象に、訪問もしくは電話による栄養指導を実施します。

高齢期の健康な生活を支えるためには、食生活がとても大切です。「しっかり食べているから大丈夫」「年齢を重ねたからしょうがない」と思わず、対象となられた方はこの機会に食生活を見直しませんか?

 

対象者

後期高齢者医療制度に加入しており、昨年度のぎふ・すこやか健診または人間ドックの結果でBMI(※)18.5未満であり、なおかつ半年で2~3㎏の体重減少がみられた方

※BMIとは・・・

肥満ややせなどの判定に使用する体格指数です。18.5未満をやせ、22を標準体重、25以上を肥満と判定します。

BMI=体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)

 

内容

管理栄養士が自宅を訪問(もしくは電話)し、身体計測や食事内容の確認を行います。

 

栄養指導の流れ

1.市役所から対象となられた方へご案内します

 前年度の健診結果より、対象となられた方へ管理栄養士が電話にて事業についてご説明します。

 

2.「個人情報の取り扱いに関する同意書」を返送してください

 栄養指導を希望された方へ市役所から「個人情報の取り扱いに関する同意書」を送付します。同意書に署名していただき、返信用封筒で返送してください。返送を確認後、かかりつけ医がある場合には医師へ、介護サービスの利用がある場合にはケアマネジャーへ情報提供を依頼します。

 

3.訪問日を決めます

 管理栄養士より対象となられた方へ電話し、初回訪問日時を決めます。

 

4.栄養指導を受けていただきます

 〇初回(訪問):食事状況や活動量等を確認、身体計測、栄養改善目標を作成します。

 〇1か月後(電話):状況の確認

 〇2か月後(電話):状況の確認

 〇3か月後(訪問):身体計測、目標達成状況の確認

 〇4か月後(電話):状況確認

 〇5か月後(電話):状況確認

 〇6か月後(訪問):目標が達成されたか確認、今後の支援の確認

 ※訪問ではなく電話での指導も可能です。

 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報